2007年05月11日

就職は現在の繁栄か将来性か?

面接時の月並みな質問の中に、入社を希望する理由がある。こんな質問、どれほどの意味があるのか不明だが、会社に対する予備知識や表現力を問うには、まずまずの方法だろう。

今現在の繁栄は入社を希望する者にとっては、重要な要素。しかし、これが落とし穴。現在の繁栄は永遠じゃない。倒産の危機にあえいでる会社に入ろうとする者はいないだろうが、繁栄は一過性のものと肝に銘じておいた方がいい。

現在繁栄してる会社を選択するのは、よく考えた方が。入り難いだけではなく、入社後の競争も厳しい。繁栄に陰りが出始めると、更に厳しい社員の淘汰が。生き残ることができなければ、その就職は結局失敗だったということに。

サラリーマンを一生の業と考えてる人にとっては、敗北。

となると、就職先に最も重要視しなければならないのは、将来性。入社してからの40年、いや45年先を見据えて会社選びをする必要がある。

繁栄してなくてもいい。将来性というのは、将来の繁栄を意味してるんじゃない。将来も変わりなく存続してることを指す。繁栄なんて二の次。

業種にこだわる必要はない。時代の先端を行く業種が業績を伸ばすわけじゃない。熾烈な競争に敗れ、撤退することも。反対に業種自体は衰退し、他社が撤退していく中、逆に希少価値を武器に業績を伸ばす会社もある。

目先にことばかりにとらわれるのは?会社の体質に目を向けよう。大きくても、内情は個人の商店と大差ない会社もある。役員は同族の持ち回り。取り巻きはイエスマンの集合体。これでは、いつかは陰りが。

金をかけた入社案内は話半分程度に。それよりも、役員人事を調べた方が。法務局で簡単に調べられる。企業を構成するのは、人。その人が組織をどうやって構築するかで企業は決まる。
タグ:就職 面接
posted by 達人 at 10:17| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月10日

就職は安定業種に?

就職を迎える時期がまず大事。でも、これは調整しようがありません。運です。就職はまずは運です。実力とかに惑わされてはいけません。

会社が成長するか、衰退するか。これも運です。あなたの能力には関係ありません。時代と共にその役目を終える業種は必ず存在します。

たとえば、レコード針。今や一部のマニア以外には必要とする人はいません。若い世代の中にはレコード針その物の存在を知ってる人はほとんどいないでしょう。

また、業種そのものに浮き沈みはなくても、合理化が急激に進む業界もあります。何百人もの従業員を必要としてた工場は2、30人でも稼動させることができる。これも決して特異なことではありません。

逆の例もあります。陸運業界はどうでしょうか?トラックを運転するにはひとりの人間が必要です。将来はロボットに取って代わるかも。あり得なくはないでしょうが、現時点では、現実味がありません。

では、鉄道は?これも物流の手段としては、飽和状態にあるといえるでしょう。新たに鉄道を建設が進むでしょうか。進むのは旅客の方だけで、もう物流分野には新たな資本投下は考えられません。現在の形が大きく変わることは考え難いのでは。

個々の会社の浮き沈みは激しくなるかもしれませんが、今生まれたばかりの人が人生を終える頃にも、おそらく同じ形で陸運業界は生き残っていることでしょう。
タグ:就職 面接
posted by 達人 at 20:14| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月09日

就職試験難関突破?

就職難だからといって、嘆く必要はありません。大企業に入れないからといって、落胆することはありません。希望の職種に就けないからといって、前途がなくなってしまうわけではありません。

絶対、不変なものはありません。就職も同じです。他が全部駄目で、もうどうでもいい気持ちで受けた1社しか入れるところがなかったので、仕方なく。これでも、いいのです。
現在活況を呈してる業種は競争が厳しくて、とてもとても。人気の華やかな業種も、手が出ない。取り敢えず入れるところに。これもいいのです。

かりに今現在、成長著しい業種であっても、あなたが中堅社員と呼ばれる頃までその好況が続いているかどうかは、不明です。

入社するときには、あんなに難関で、周囲からは羨望の目で見られていたのに、今や構造不況業種。賃金カットはまだいい方。子会社に出向か、揚げ句の果てはリストラ要員。羨望はいつしか憐憫に。なんてこと、珍しくはありません。

その成長著しい業種に入りたくても入れず、ぱっとしないとは思いつつも入った従業員数人程度の会社が急成長。会社の知名度も急上昇。おまけに初期の発展に貢献したことで、若くして取締役。同級生からバカにされていたのが、いつの間にか出世頭で嫉妬の対象に。
posted by 達人 at 20:26| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月08日

就職は運?

就職は単なる競争に過ぎない。競争が嫌なら、競争のない就職先を選べば、いいだけのこと。競争に勝つ自信がなければ、採用枠の大きな就職先に目を向ければ。

就職はタイミング。運も左右する。実力だって?とんでもない。実力が何なのかは、触れないけれど、実力とやらが就職に影響を及ぼすのは、ほんの一部に過ぎない。

就職は起業とは違う。まったく異質のもの。就職によって出世する人と起業によって出世する人はイコールじゃない。

就職には大きな落とし穴がある。何かって?とってもわかりやすくて、誰でも知ってる。募集がなければ、就職できないってこと。実力なんて関係ない。この厳然とした事実の前では、実力とやらはまったくの無力。

この事実があるからこそ、多くの学生の苦悩がある。

自分の実力とやらに自信のある人は就職先にこだわる必要はない。起業に必要なノウハウを身に付けることのできるところなら、会社の規模やブランドはどうでもいいこと。そこは次のステップへの単なる踏み台。

学校卒業時の社会情勢。どんなに勉強しても、どうすることもでいない現実。1年、2年の差でも明暗が別れてしまう。

団塊の世代の大量退職。果たしてこれは、新卒者にとって追い風なのか?それとも…
タグ:就職 面接
posted by 達人 at 20:22| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月07日

就職戦線異状あり

就職状況にようやく光が。バブル崩壊後、本当に厳しかった。高校や大学の新卒ですら、就職浪人、当たり前。

就職できないから、専門学校、大学や大学院に進学したり。中にはわざと留年する者さえ。

就職に有利だから進学する。大学に入れないから、就職を選択する。これが普通の考え方。でも、おかしなことに。

よく考えてみると、就職できないから、大学進学に切り替えられる人、かなり恵まれてる。経済的にも、学力の面でもね。

よりよい条件の就職を実現するために大学に入る。それが、いつのときからか、就職できないから進学する。よりよい条件は二の次に。まるでベトナム戦争中のアメリカ。兵役を少しでも遅らせるために大学へ。

2年先、4年先に景気が回復していれば、その間の時間と出費も報われるけど、そのときがくるまで結果は。

一番好条件である新卒時に就職難。タイミングの問題とはいえ、その時期に卒業を迎える人たちは気の毒だ。
タグ:就職 面接
posted by 達人 at 21:51| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。